体のメカニズムについて


体内を冷やすとどうなるか?

↓↓↓

血液の循環が悪くなり、病気になりやすくなる

↓↓↓

異物を細胞が体外へ出そうとした結果

↓↓↓


炎症
動脈硬化
高血圧
血栓
ガン
出血


この場合、白血球が上がるけど体温は下がります。

異物を排除しようと細胞が戦うため、細胞中に活性酸素が放出され周囲のものを酸化させてしまうのです。

白血球は体温上昇であがる。

体温が下がると免疫力も下がる


薬石浴を体感してみてください





<体を冷やす原因>
食事の偏り
睡眠不足
ストレス

など…


体が冷えているサイン
@目の下のクマ
A鼻の頭が赤い
B赤ら顔
C紫っぼい唇
D青あざができやすい
E歯茎の色素沈着
F痔出血
G生理不順
Hクモ状血管腫
I下肢静脈瘤



腎臓の働き


水分・老廃物の除去
血液をアルカリ性に維持
(機能が低下すると酸性になる)
ホルモン分泌
@エリスロポエチン
→不足すると貧血
Aレニン
→血圧を維持するホルモン
→ビタミンD(骨に作用)を活性化する働きもある

薬石浴で体を温めながら汗を出し水分摂取することで、腎臓の働きがよくなり、尿中から老廃物を排出されやすくなる




アレルギーについて


アトピー花粉症などは自己免疫の過剰反応で起こるとされています。

<原因>
過労・ストレス
食事の偏り
低体温
遺伝
自律神経の乱れなど・・・

その結果
↓↓↓
胃腸の働きが低下
水分代謝・消化吸収が悪くなる
体を温めて汗を出すことで代謝がよくなり、免疫力が調整されるようになる
[←戻る]